Sports

【水泳・池江璃花子】「なべおさみ」とのヤバイ関係の現在は?「手かざし療法」とは何?をまとめ!



東京オリンピックでメダル獲得が期待されている『池江璃花子』について調べてみました!

2019年に白血病を発症し、療養生活を送っていた池江璃花子選手が奇跡の復活を遂げました!

池江璃花子選手といえば、治療中に『なべおさみ』さんの『手かざし療法』を受けていたとの報道がありましたが、その後の関係は続いているのでしょうか。

『池江璃花子』をもっと知りたい方のために今回は、

 

「【水泳・池江璃花子】「なべおさみ」とのヤバイ関係の現在は?「手かざし療法」とは何?をまとめ!

 

と題して、まとめていきます!

【このページでわかる事】

  • 『池江璃花子』について
  • プロフィール
  • 『なべおさみ』とは?
  • 『手かざし療法』とは?
  • 現在の関係は?
  • 世間の声

 



『池江璃花子』のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rikako Ikee(@ikee.rikako)がシェアした投稿

【プロフィール】

  • 2000年7月4日生まれ
  • 東京都江戸川区出身
  • 高校:淑徳巣鴨高校
  • 大学:日本大学スポーツ科学部 在学中
  • 身長:171cm
  • 東京オリンピック 水泳競技 日本代表



池江璃花子の現在は?

池江璃花子選手は見事に復活を果たし、東京オリンピック日本代表の座を勝ち取りました。白血病も順調に回復しており、リレーの2種目に出場します!

こちらは21歳の誕生日の様子です。7月3、4日に出場した大会では日本新記録を連発する快調ぶりで、

 「日本一か世界一か分からないけど、本当に幸せなスイマーだと心から思った。もともと涙もろいので、涙出ちゃいました。ああ、生きてて良かったなって素直に思う

と白血病からの復活を改めて感じさせました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rikako Ikee(@ikee.rikako)がシェアした投稿



過去にはヤバイ関係を報道されるが・・・

白血病からの奇跡のカムバックを果たした池江璃花子選手ですが、白血病の治療中には『なべおさみ』さんとの怪しい報道がありました。池江璃花子選手側(母親)からコンタクトをとったという情報です。

FRIDAY

(2019年)「今年の7月ごろに、池江選手となべさんは知人を介して知り合ったそうです。なべさんは、手をかざすことで人の病を癒やすことができると周囲に豪語しています。池江選手がその噂を耳にして、紹介してもらったのかもしれません」(なべ氏の知人)

なべ氏の「手かざし療法」については、自著『昭和の怪物 裏も表も芸能界』に詳しい。がんで胃を摘出してからというもの体力が戻らない福岡ソフトバンクホークス会長の王貞治氏(79)を、その患部に「手をあてがう」ことで回復させたと記している。

「池江選手が入院していたときは、なべさんが彼女の病室へ通って『施術』していました。お盆に退院したあとは、池江選手が週に数回なべさんの自宅を訪れ、『施術』を受けています」(同前)

この日もなべ氏による「施術」があったのだろうか。池江選手がなべ氏の自宅から出てきたのは1時間後だった。再びなべ氏の車に同乗し、今度は銀座へ向かった。

FRIDAY



『なべおさみ』のプロフィール

吉本興行

【プロフィール】

  • 1939年5月2日生まれ
  • 東京都大田区出身
  • 大学:明治大学文学部
  • コメディアン、俳優、タレント、ラジオパーソナリティ、司会者、放送作家、著作家、声優などマルチな活動をしている

 

『なべおさみ』=昭和の時代に大活躍されたタレント

【来歴】

1939年東京都大田区で生まれ。なべおさみさんは、渋谷で不良をやっていた時代もあったそうですが、伝説のヤクザと言われる花形敬から「不良は不向きだから大学へ行け」と言われ大学へ入学します。

その後、コメディアンを志し、勝新太郎や水原弘の付き人になり渡辺プロに入り。

なべおさみさんは付き人時代から、ラジオのディスクジョッキーや構成作家、ジャズ喫茶の司会などマルチに活動していましたが、1964年『シャボン玉ホリデー』でお茶の間の圧倒的な人気を獲得し、一躍スターダムにのし上がりました。

その後は、俳優にも挑戦し高い評価を受けています。

事務所社長とのトラブル、替え玉事件」などスキャンダルがあり、現在ではあまり見かけなくなりましたが、昭和の時代ではなべおさみさんをテレビで見ない日はないほど活躍されていたのです。

そして現在は、吉本興行に所属し『手かざし療法』などのスピリチュアルな活動をされています。

 



『手かざし療法』とは

『手かざし療法』とはなべおさみさんが行っているスピリチュアルな活動

まず先に申し上げておくと、手かざし療法に科学的根拠はありません。

この、科学的根拠なしの活動で、過去に小林麻央さんを治療し、ソフトバンクの王貞治氏に至っては”治した”と豪語しているのです。

手かざし療法については、自身の著書『昭和の怪物 裏も表も芸能界』に詳しく解説されています。

なべの説明によれば、施術では手をかざしながら、《よーし、見つけたぞ、隠れるな隠れるな》《こっちにおいで。私の中で仲良く生きよう。大丈夫殺しゃしないさ、さあおいで!》などと相手の体に語りかける。
すると相手の「病の気」がなべの体に移るという。
《私に助けられた人の気が、私に移ってくるから、本人は肉体の回復をみるのです。が、その分、私は私の体に移った病の気の為に、しばらくの期間は苦しみます。だからその間に健康診断など受けようものなら、途端にアウトです。初めて公にしますが私は今日まで、六度のガン告知を受けています》
つまり相手のがんを、なべが「引き継ぐ」というのだ。

相手の悪いところがなべおさみさんの体に移ってくることで、治療を受けた人の病気が取り除かれ、回復すると言われていますが・・・手かざし療法に科学的根拠はありません。

このいかにも怪しい治療を、池江璃花子選手が求めていたとの報道で多くの人は「ヤバイのでは?」と心配しました。

関係は続いている?

関係は続いている可能性大!

2019年の報道以来、現在でもこのヤバイ関係が続いているのか気になりますよね。

今回、池江璃花子選手が奇跡の復活をされたことで、なべおさみさんが”自分の治療のおかげで回復した”と言っているそうです。

池江璃花子選手は白血病からの復活を遂げたということで、世界から注目されること間違いなしです。なべおさみさんはこのことを好機と見ているのでしょうか。関係を断つことはないでしょう。

この発言から、関係は現在でも続いていると見て間違いなさそですね。

「池江さんの復活を受け、なべは“璃花子は僕の治療を受けたから回復した”と触れ回っています。池江さんのことは“僕の水の天使”と呼んでいて、“僕がずっとパワーを送っている”とも話しています」

そう語る吉本興業関係者によると現在、なべには芸能関係の仕事がほとんどない。その代わり、 「気功の仕事は増えているようです。池江さんが活躍すればするほど、なべの元に治療してほしいという話が舞い込む。東京五輪出場が決まったことでより気功の仕事が増えると見込んでいるようで、今やなべは“僕は神だから”とまで豪語しています」

新潮



世間の反応





まとめ

以上、「【水泳・池江璃花子】「なべおさみ」とのヤバイ関係の現在は?「手かざし療法」とは何?をまとめ!」をまとめました。

【まとめてみると】

  • 池江璃花子選手は”日本のシンボル”として期待される
  • 『なべおさみ』は昭和の時代に大活躍したタレント!
  • 『手かざし療法』には科学的根拠なし!
  • 『なべおさみ』は池江璃花子選手の復活を好機だと考えている
  • 発言の内容からヤバイ関係は今も続いている模様

今後の動きに注目しましょう。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



 

ABOUT ME
平成のSHOW
“平成のSHOW”といいます。 ●平成2年生まれ ●一般企業のサラリーマン ●普通高校、普通大学 普通中の普通の男です。 自分が好きなものを皆様にお届けします。 よろしくお願いします。 【好きなもの】 ●スポーツ サッカーを12年間プレー 高校サッカー好き サッカーを中心に様々な情報をご紹介します。 ●健康 実体験に基づくダイエット 運動よりも栄養についてご紹介します。 ●旅 国内、国外ともに 行ったことのあるおすすめスポットをご紹介します。 ●映画 自分が観たもの おすすめ作品をご紹介します。